海老蔵さん一家 長野県・志賀高原で
麗禾ちゃん(6)、勸玄君(4)海老蔵さん:眠そう…長野県・志賀高原で byYahooニュース

着々とやっていこうかなと、海老蔵さん

「彼女のやりたかったことや、やってほしかったことは、私は全部聞いているので、着々とやっていこうかなと」
と、志賀高原で海老蔵さん。

「彼女」とはもちろん、乳がんで6月22日に死去した妻の小林麻央さん(フリーアナウンサー 享年34)のこと。


妻・麻央さんの遺志を実現するために

歌舞伎俳優市川海老蔵(39)さんが7月29日、
長野県・志賀高原で行われた植樹プロジェクト「ABMORI 2017」に、
長女・麗禾ちゃん(6)、長男・勸玄君(4)とともに参加。


そこで、乳がん患者を救うための基金設立を目指すことを明らかにしたそうです。



「乳がん患者を救うための基金」設立は、

乳がんで6月22日に死去した妻の小林麻央さん(フリーアナウンサー 享年34)の遺志を継ぎ、

・乳がんで苦しむ人とその家族に希望を届けたい
・早期発見の啓蒙活動にも役立てたい

という考えから。


「ABMORI」はもともと、
麻央さんが、2014年、
日本テレビ系「NEWS ZERO」のキャスター時代に取材した横浜国大名誉教授の宮脇昭氏の協力を受けてスタートした
もの。


この日、海老蔵さんは

「麻央がつなげてくれたご縁で始まった」と、麻央と「ABMORI」とのかかわりを述べたうえで、

「彼女のやりたかったことや、やってほしかったことは、私は全部聞いているので、着々とやっていこうかなと」
と語り、

これからも麻央さんの思いを引き継いで人生を送っていく覚悟を明かしたのだ。


その一つが今回の“麻央さん基金”。


海老蔵さんは
「彼女自身は、自分が元気になったら同じような病気と闘っている人の力になりたいという思いをもっていた。
『ピンクリボン』じゃないですけど、そういうものが麻央の思いとしてできればいいなと」

と、設立への思いを口にした。



まだ具体的な道筋はついていないが、
「どういう形がいいかは難しいので、いろんな人に話を聞いて」

と真剣に語った。


喪失感と寂しさ、なお深いけれど

 

麻央さんを失った喪失感は深い。


2人の子らについて
「まだまだ寂しさをぬぐいきれないですね。昨日も、来る車の中でとつぜん、そんなこと(麻央さんがいない寂しさ)をいい出した」。


けれどもまた、
「七月大歌舞伎」(3~27日)を勤め上げた勸玄君について


「なにか頼もしい雰囲気をすこし身につけたかな。せがれの背中を見て、ああ、少したくましくなったなと、うれしかったし、きっと麻央も喜んでいると思います」


と父親の顔でいいつつ、
自身も麻央さんの思いを胸に、前進を期すまなざしをみせた。


やはり思わずにはいられない、もう一人のお子さん

海老蔵さんは、かつて、記者団の質問に答えて、
日置明子さんと、こんなやり取りがあったと明かした。



日置明子「お腹に子どもがいます」
海老蔵さん「あ、そうですか」
日置明子「私は産みたいのですが」
海老蔵さん「あ、そうですか。産んでもかまいませんよ。ですが僕はまだ結婚は考えられませんが、それでもいいですか?」
日置明子「それでもいいです」
海老蔵さん「あそうですか。それでは僕が全て責任を負います」


その後、記者に、
大きくなった娘さんが自分の父親について認識する時が来ますよね、
と問われ、


「そうですね、そのとき恥ずかしくない人間に、男に、なっていたい」
と答えたのでした。


市川染五郎さん、片岡愛之助さんにも隠し子がいたことが知られているように、
歌舞伎の世界では珍しくない婚外子。


外野が余計なお世話とわかっていても、
やはり気になります。


そのお子さんは2002年1月生まれなので現在15歳。


母親の美しさ、能力の高さなど、麻央さんに、そん色ないようなので、
きっと美しい少女に育っているのでは、と想像されます。


自分が隠し子であり麗禾ちゃん、勧玄くんの
2人の異母妹弟がいることもすでに認識しているのではないでしょうか。



海老蔵さんは生まれた女の子には(一説には月100万円という噂のある)養育費を送り、
認知もしているそう。


当時、海老蔵さんは日置さんより若く、まだ七代目市川新之助の時代。
結婚をするタイミングではなかった。
また、日置さんの資質や感性が、「梨園の妻」としては、すこしちがうと感じられた
のかも。(すずめライターの勝手な憶測ですが)


現在では交流があり、ときどき会っているといううわさもあります。


ありがちな若気の過ちでしたが、責任をきちんととって、
家族を大切にしている海老蔵さん。



麻央さんの遺志を形にするための「乳がん患者を救うための基金設立」、
大きな成果につながってほしい
ですね。


日置明子さん
日置明子さん

日置 明子(ひおき あきこ、1974年2月5日 – )は、日本の歌手、CMモデル。
鳥取県米子市出身。幼少期を智頭町で暮らす。

女性誌an・an等のモデルを経て、1995年1月11日に木根尚登のプロデュースにより、Winter comes around(TM NETWORKの曲のカバー)にてデビュー。1999年、sonoと改名。

2002年、11代目市川海老蔵(当時市川新之助)との間に女児をもうけている。2003年2月、市川海老蔵が会見を行い、子供を認知して養育費を支払っていることを説明した。 
byウイキペディア


日置明子さん 二十歳のころの歌声


参照:yahooニュースほか